リフティングボール!効果的に練習するにはおすすめです!(1)

2019年04月17日

良い習慣が大切である。

少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ>



良い習慣が大切である。

結果を出すために必要な考え方と行動があるとしよう。
人間教育において、挨拶をする、返事をする。
という行為は当たり前であるという教育を我々は受けて育っている。

特に日本人は、他者を配慮する習慣や文化がある。
それも教育が積み重なってできた習慣である。

日本人は勤勉で礼儀正しいと評価されることが多い。
我々日本人はそれが当たり前になっているので、
国内にいるとそれを意識することはほとんどない。

しかし、これこそが習慣の力である。
無意識に行っていることが他者からみて価値があれば
それは大きな意味を持つことになる。

サッカーも同じである。
ボールを扱う技術、相手を観る意識、判断。

こういうポイントを意識して習慣化しておくことで
良い選手の条件を満たしていけることになる。

残念なのは、
どのポイントにフォーカスしてやればいいのかが
わからない指導者が多いことである。

テクニックやノウハウ本というのは、
ありふれている。本の良し悪しというは、
読む人のサッカーの経験や知識によって価値が変わるので
一概に優劣はつけれないと思う。

しかし、常に物事の本質ということを意識する習慣は必要だ。
サッカーというスポーツの本質を理解すること。
そして本質というのは、常にシンプルである。

サッカーは相手がいるスポーツである。

@相手をしっかりと観て状況を理解する力。
A相手を観て次にどうするかの選択肢をもつこと。
B判断、決断すること。
Cプラン通りに実行できる技術を身に着けること。


これがサッカーの本質から考えると、
上記の4つは身に着ける必須事項になる。

日本人にありがちな傾向としては、
Cばかりを高めて、@、A、Bが意識されていないことだ。

特に指導者がその概念を知らないことが多いと感じている。
上記のCだけでも指導者が理解して子供に伝えることができれば
日本サッカーは大きく底上げされるだろう。



チームでは教えてくれない プロサッカー選手になるために大切なこと
posted by 侍コーチ at 10:50| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

サッカーだけでなく読書をさせよ!

少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ>

サッカーというスポーツは極めて知的なスポーツだなと思う。
プロになれば高いレベルでのフィジカル能力が必要になるが、
フィジカルだけあれば活躍できるというわけではない。

フィジカル能力に優れた若い選手が、長年活躍できないのは、
経験もさることながら、やはり知的な部分での対応ができない
からだろう。

ベテラン選手は経験とサッカーの知識を使って、
若手選手を攻略するので、ただただフィジカル能力があっても
プロの世界では通用しないのだ。


陸上界で圧倒的な走力を見せつけたウサイン・ボルトが
サッカーの世界で通用しなかったというのが良い例だろう。

子供に伝えたいことがある。
「読書をせよ!」
というシンプルなメッセージだ。


良い選手はフィジカルだけでなく、
優れた頭脳ももっている。
特に長年活躍している選手というのは、
間違いなく賢いと言えるだろう。


なぜなら、プロの世界は毎年、メンバー、監督、
チームコンセプトなどが目まぐるしく変わる為、
変化に適応した上でで自分の強みを発揮しなければ
生き残っていけないからだ。

思考力というのは最強の武器だと思う。
なぜなら、脳内にあることが表に現れてくるからだ。

読書は
読者や自分と対話をしたり、
先の展開を予測したり、
想像をしたり、
知識を吸収したりするという作業が行われる。

目には見えないがこれこそが、
最強の武器になる。

監督の言っている戦術を理解する能力、
試合の状況を読む能力、
コミュニケーション能力、
イメージ力、

ピッチで起こりうる状況を先読みして
考えたり動いたりすることができれば
間違いなく希少性の高い選手になる。

サッカーと読書
一見真逆にあるように感じるが
密接に関係していると思う。

優秀な選手は会話をすればすぐにわかる。
目的意識、言葉の数と種類、文の構成力など
が明らかに違うからだ。

そして内面の豊かさがあれば、
心の余裕が圧倒的に違うだろう。

内面の豊かさを備えている人は、
余裕があるので安定感が抜群である。
読書の恩恵は計り知れない。

勝つ人 13人のアスリートたち (Sports graphic Number books)
文藝春秋
posted by 侍コーチ at 20:59| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

チーム代表者のマインドがチームカラーを作っていく。

少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ>

日々少年サッカーの指導に携わって色々と感じることがある。
今日はスクールの体験に来た子供達が6人いた。
スクール体験後に子供達の反応は良かった。

しかし親御様と話すと今ひとつの反応。
子供の純粋な反応が親のフィルターを通して
捻じ曲げられてしまうような印象である。


皆同じ少年団に所属していた。
その少年団は、チーム代表が閉鎖的な雰囲気で
チームの雰囲気も閉鎖的である。


必然的に親も同じような雰囲気になっていく。
今日来ていた父親がサッカー経験者だったようで
どことなく高飛車な雰囲気なのである。


にもかかわらず、コーチと目を合わせて話をすることも
できない。このマインドが子供の将来を作っていくと
思うと子供が気の毒である。


完璧な人間などいないから、完璧な親もいないし、
完璧な子供もいない。もちろん完璧な指導者もいない。
しかし、ニュートラルで素直で謙虚な気持ちや態度というのは
成長する上に置いて必須条件だと思う。


この前提条件がねじ曲がってしまうと、まっすぐに成長できるのに
自ら成長できなくなってしまうことになる。


どんなに技術やセンスがあっても、やはり土台となる人間力が
ないと最終的に大きな成功は手にできないな。ということを
様々な親子関係を見てきて率直に感じることである。

そして、子供がうまくいっていない理由が親の自分にあるということに
気づいていない親はあまりにも多い。


特に他人を批判する親や否定的な親というのは、
そのマインドが子供に反映されていることが多い。
そして同じようなトラブルを繰り返しているのだ・


サッカーにチームに入るときに見てほしいポイントは
代表者の雰囲気、言葉遣い、コミュニケーションの取り方、
子供達の表情。この辺をポイントにしていけば
大きなはずれはないだろう。

しかし、どのチームにも完璧はないし、理不尽もあるだろう。
最終的にはどのチームでも俺はやってやるんだという
根底にある気持ちだと思う。

逆にその気持ちがあればどこに行っても成功するだろう。


少年サッカーは9割親で決まる

posted by 侍コーチ at 01:22| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月09日

サッカーだけをやることのリスク!

少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ>

サッカーだけをやることのリスク!

サッカー選手もサッカー指導者も優秀になればなるほど
スペシャリストになる方向性に向かっていく。

サッカーというのは、特殊なスポーツだなと思うが
プロになれば、自分を表現できる場所はピッチのみになる。

メリットは自分が成長するために全てをささげることができるが、
デメリットはピッチから1歩出たら何もできないという落とし穴が
あるということである。

マイナス面をみれば、一般常識がない。
サッカー以外なにも知らない。何もできない。
メディアには注目されたりするので、
サッカーができるというだけで、
人格的にも優れているように見られてしまう事も多々ある。

もちろん、サッカーだけでなく、人間的にも、サッカー以外の
こともしっかりとできる優秀な人もたくさんいる。
これは選手の意識によるところが多い。

伝えたいことは、選手が良い悪いということが言いたいのでは
なく、サッカー界の仕組みがサッカーしかできなくしている
と言えるのだ。

選手はサッカーを追究するのは当然である。
しかし、怪我でサッカーができなくなった瞬間に何もできない
リスクの高い状態になるのだ。

Jリーグでもセカンドキャリアの斡旋をしていて、
資格を取っている選手もいるようだが、実際に現場に行ったときには
使いものにならないのではないかと思う。

なぜなら、サッカーと同じようにその仕事を経験して学ぶ時間が
ないからだ。そして過去に脚光を浴びた自分と高額な収入を考えると
一般的な仕事にやりがいを見出すことは困難だと思うのだ。


結論を言うと、サッカー以外の選択肢をしっかりと考えて、
人生プランを組み立てるということがとても重要だと言いたい。

特に今の時代は、ネット環境が整っているので、ビジネスや副業の
知識を身に着ければ、自分で稼ぐこともできるし、サッカーの収入に
頼ることなく、自分のサッカーを追究していくこともできるだろう。

自分の人生をしっかりと戦略を練って歩んでいくという
ことが重要である。

マルチ・ポテンシャライト 好きなことを次々と仕事にして、一生食っていく方法


posted by 侍コーチ at 11:48| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リフティングボール!効果的に練習するにはおすすめです!(1)