リフティングボール!効果的に練習するにはおすすめです!(1)

2017年10月06日

情熱をもってサッカーをしよう。

情熱をもってサッカーをしよう。

外国人とサッカーをやると圧倒的に
日本人と違うところがある。
それは、「闘う」という気持ちである。

日本人からするとあきれてしまうほどに
闘う姿勢を見せる。もちろん全ての外国人が
そういうわけではないが、

根本的に闘うという意識が圧倒的に違う。
この「闘う」というポイントにフォーカスして
子供に置き換えて考えてみると、

技術やサッカーセンスはあるけど、
気持ち的に闘えないことで試合で使えない
子供(選手)がいる。

これはとても勿体ないことである。
気持ちというのは抽象的なものなので、
計測することができない。

しかし、明らかに気持ちというものが
勝敗を左右したり、上達速度に影響を
与えている。

何が言いたいかというと、


「情熱をもってサッカーをしよう」

ということである。

日本の場合、技術やサッカー選手があると
評価される風潮があるが、サッカーというのは
様々な要素ある。

情熱をもって闘える選手というのも
一つの価値をもっている。

そして、この「気持ち」というのも
意識的にトレーニングしていく必要がある。

技術90点 × 気持ち㍘ = 総合㍘

総合㍘になってしまうのだ。

「心のメカニズムを理解して、
自分の心をコントロールをするという
メンタルトレーニングもあるが、

一番実践的なメンタルトレーニングは
緊迫感のある試合を数多く経験することである。
これが一番成長できる。

普段から気持ちの部分も意識して
技術もメンタルも鍛えていく。
その相乗効果で飛躍的にレベルアップしていくだろう。


【参考】
いまどきの子のやる気に火をつけるメンタルトレーニング

<TOPページ>
少年サッカー侍コーチのカリスマ指導法
posted by 侍コーチ at 08:48| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リフティングボール!効果的に練習するにはおすすめです!(1)