リフティングボール!効果的に練習するにはおすすめです!(1)

2014年12月22日

名将との会話 コーチの役割って!?

【名将との会話 コーチの役割って!?】

先日少年サッカーで過去に何度も全国優勝している監督の方と話をする機会がありました。
私の中に様々な疑問があったので、その監督さんを質問攻めにしたんです(笑)

全国大会優勝っていうと熱血漢でスパルタ指導でというのが、一般的なイメージなのでしょうか。
日本の指導は、武道の世界や軍隊式の指導から学校教育に落とし込まれているので、とにかく怒鳴ったり
体罰的な要素がイメージとしてありますよね。

実際そういう指導をしているスポーツはまだまだ多いです。
精神を鍛えるという意味合いで考えればプラスの面もありますが、
指導者の器やパーソナリティーによる部分が大きいですね。


話しを戻しましょう。

その監督さんが言っていたこと。

>「子供も遊びのサッカーが一番うまくなる。」


「サッカーって整理することが多いじゃないですか。指導者の役割はプレー中の複雑な要素を整理してあげればいいと思っているんですよ。でも整理できない指導者が多い。今の子供達は教え込まれ過ぎていて全体的なレベルは高いですけど、発想力に乏しいですね。なぜなら発想力を養うような練習環境がないからです。好き勝手たくさんやらせてそこで成功体験や失敗体験を自分軸で体験させればいいんです。そうすれば子供の頭で真剣に考えるじゃないですか。それこそが最高の練習です。そして工夫する。チャレンジする。でもね、自由を与えて放任すぎるのもまた違うんですよね。そこが難しいところなんです。」

だから・・・

「君が今やったプレーはこういうことで、ここを改善するともっとよくなるよ。やってみたら?」

「今のはこれが良かったから成功したよね。だからこのポイントはいつも意識した方がいいよ。」

「みたいな感じで私がやっているのは基本その状況分析を伝えているんです。もちろん子供の気分もありますからその時の感情をよく観察してそのタイミングでヒットする言葉を選んで伝えています。」

「基本人間はやらされている以上、本当の意味で成長していきません。だから子供を頭ごなしに怒鳴ったりは
しませんし、子どもの発想に常に興味がありますしリスペクトしています。子供から教えてもらうんです。そうすればお互いに成長できるんです。日本のサッカーの未来の可能性は指導者にありますよ。今僕が教えている子供達が大人になって指導者になった時が本当の意味で日本のサッカーが成長する時だと思いますけどね(笑)」


上記の会話主な内容です。
やはり、頂点を見ている人というのは見ている視点が違うんですね。そして気づきのレベルが圧倒的に高い。
正直多くの指導者は真逆の指導をしています。子供の才能がしぼんでいくのがよくわかります。
そして一番感じるのは、「勉強不足」だということ。
戦術や最新サッカーのトレンドを追いかけることに関してはもの凄い詳しい人が多いです。
しかし、子どもの感情や変化への配慮がなければ、その戦術も伝わらないんですね。

「まずは目の前の子どものことを見ろ!」

って思うわけです。むしろそこに全ての答えがある。

そして子供はその指導者の枠を超えることはありません。だからこそ指導者自身がマインドを高めてレベルアップする必要があるんです。

指導者も勉強です。たくさんの失敗を繰り返しながら子供と共に成長していきましょう。
posted by 侍コーチ at 10:04| Comment(0) | 名将の考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リフティングボール!効果的に練習するにはおすすめです!(1)