リフティングボール!効果的に練習するにはおすすめです!(1)

2015年04月19日

プロの視点 魅抜きレベルを高める

昨日は少年団のサッカー教室で指導しました。

少年団というのはほとんどがボランティアで成り立っています。
ですから、お父さんコーチが子供達を指導することが多いです。
休日を使って子供達の為に活動するということはとても尊敬します。


ただ、指導に関してはやはり素人な訳です。
プロの視点から見ると正直間違いだらけです。
練習量から考えると伸び率は決して高くありません。


勿論、少年団の活動目的は選手のレベルアップだけではなく、
団体行動や教育という視点でとらえているチームもたくさんあるので、
一概に個人のスキルアップが全てではありません。


そしてお父さんコーチもご自身が教えることができないことを
承知している方もいますし、サッカー経験者で持論に偏った方など
様々です。組織として考えるととてもアンバランスに感じることが多いです。


だからお父さんコーチはダメだ。ということを言いたい訳ではありません。
子どもと一緒に成長してほしいと思うのです。
「学ぶ」ということです。
学ぶ姿勢があれば、正解、不正解で子供を教えることはなくなります。


そして子供1人1人により意識がいくと思うのです。
自らの過去の経験を振りかざして指導するのではなく、
新しい発見を子供達と一緒にしながら成長してほしいと思うのです。


少年指導の場合、勝利至上主義になると子供はロボットになります。
ミスを恐れる、挑戦しない。チームは勝つが子供は成長しない。
これは最悪なチームパターンだと思います。


勝つことによって得ることはあります。
勝たないと分からないこともあります。
しかし、勝つことが全てになると途中のプロセスが排除されてしまう
ことが多いのです。子供にとってはこのプロセスこそが大切です。


うまくいった経験、
うまくいかなかった経験、
失敗したけど自分なりに試してみた経験、
自分なりに工夫してうまくいった経験。


このプロセスこそが子供達の将来の財産になっていくのです。
勝利至上主義になるとこのプロセスを経験できないのです。
これは子供の可能性を止めてしまっていることと同じです。


指導者はこの目に見えない部分、つまり子供の内側を理解して、
魅抜いてあげる意識を持つことが重要です。


あなたの一言が子供の将来を輝かせるかもしれませんし、
あなたの一言が子供の将来の可能性をとどめてしまうかもしれません。


指導者はそれくらい子供の将来の責任を担っているのです。
指導者も完璧ではありませんから、失敗はあります。
でもその失敗をしっかりと受け止めて改善していくしかないのです。


子供に失言をしたと感じたら謝ればいいのです。
とてもシンプルです。


「子供と共に成長する」
ということを目的にすると、あなたの中のプライドの
枠が外れます。新しいことに関する恐れがなくなります。
なぜなら、全て成長につながると思えれば、1つ1つの行動が
成功への材料となるからです。
行動しないことがリスクになるからです。



そしてあなたの変化を子供達も感じとります。
今の関係とは違った関係を築くことができるでしょう。
日々成長を目指してトライをしていきましょう!
posted by 侍コーチ at 12:19| Comment(0) | プロの視点 魅抜きレベルを高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リフティングボール!効果的に練習するにはおすすめです!(1)