リフティングボール!効果的に練習するにはおすすめです!(1)

2015年04月25日

兄弟での比較は意味があるのか?

兄弟でサッカーをやっている人達というのはとても多いです。
そして兄弟でサッカーをやっていると必ず周囲から比較されます。
これは宿命といってもいいでしょう。

今回の話しで一番伝えたいこと。
それは、 「比較することには全く意味がない。」
ということです。

兄弟というだけで、兄が凄いとか弟が凄いという比較の話しになりがちです。
比較することで競争原理が働き相乗効果で成長する場合もありますが、
これはあくまで、自分の成長の目安としてライバルがいたということに他なりません。

大切なのは、 「自分の階段を1つずつ登っていく。」

ということです。


親や指導者が兄弟の比較をして、「お前はお兄ちゃんに比べるとダメだね。」
なんていっているシーンを見かけたりしますが、これは最悪の言葉がけですね。
無意識的にその言葉が潜在意識に入っていきます。



兄は兄、弟は弟。 二人とも素晴らしい個性を持った人間です。
全く違った個性を持った人間です。だからそれぞれが自分の良さを生かしていけばいい。
自分の強みを見つけて磨いていけばいい。



他人の言葉は聞き流せばいいのです。軸になるのは自分の階段を登っていくということです。
兄は弟にはなれない。そして弟は兄にはなれないのです。
それぞれの違いをマイナスと捉えるのではなく、違いをプラスに捉えて認め合う
価値観を持つことが重要です。



苦手なことを克服することは悪いことではありませんが、
自分の強み、特徴を徹底的に見つけることはもっと重要です。
なぜならその才能を使うことによって、心から喜ぶ人達が必ずいるからです。


だからこそ、自分の才能の源泉を見つけることを怠ってはいけません。
そして個性の違いを認め合える価値観を共有することも大切です。


サッカーに置き換えて考えるならば、チームメイトの長所、短所をお互いに
受け容れてその個性をどのようにチームというグループに生かしていくのか。
これこそがサッカーの究極の面白さではないでしょうか。

あなたはどう思いますか?
posted by 侍コーチ at 03:29| Comment(0) | 兄弟での比較は意味があるのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リフティングボール!効果的に練習するにはおすすめです!(1)