リフティングボール!効果的に練習するにはおすすめです!(1)

2015年05月06日

成功するためのノウハウ

どうやったら成功できますか?
こういう質問をしてくる子供がいる。

「たくさん練習しよう!」
「自分の頭で考えよう!」
「あきらめずにやり続けよう!」


子供にはこんな言葉で伝えている。
間違えてはないと思う。


うまくできていない子供程、成功に対する勘違いが多い。
成功者とは特別な才能を持っていて努力しなくてもできるという
幻想を抱いている。


私の経験でいえば、確かにプロになる選手というのは、
本来持ち合わせている才能がある。
それは運動能力や思考能力、サッカーセンスなどだ。


しかし、彼らも人並の練習でプロになったわけでない。
自分の能力を生かす為の鍛練は必ず行っている。
自分で意識していなくても、所属チームの練習で鍛え上げられたりするのだ。


100の鍛練をしたとして、人前に出て表現する要素は20パーセント位である。
何が言いたいかというと80の部分は鍛練なのである。
だから、かれらはうまくいくのは当然という表情をしている。


それだけ回数をこなして改善しているので、表に出てくる部分は
洗練されたものになる。それでもプロの世界はお互いにしのぎを削って
いるので、勝ち負けがありさらに進化していくのだ。


プロになる選手はほんの一握りである。
しかし数字で考えてみるとそこまで難しくないことがわかる。



100人の選手がいたとして、
サッカー選手になりいと志す選手が仮に50人だとする。
そして、練習ををして諦める選手が30人。


長い期間で継続して練習できる選手が20人。
厳しい鍛練についていける選手が10人。
鍛練の中から本質的な才能で勝負できる選手が3人程度。
才能は並みだが、努力で武器を作れる気持ちを持つ選手が3名程度。




才能は並みだが、努力で武器を作れる気持ちを持つ選手が3名程度。





もしあなたやあなたの指導する子どもが、この才能は並だが努力でカバーできる選手
を目指すならば、プロに近づくことはできると言えるだろう。


ただし、この「努力」というのは尋常ではない努力ということを自覚しなければ
ならない。そして犠牲にするものも多くなる。リスクも高くなる。


何が言いたいかというと、本気の本気の覚悟と行動力があれば、
プロはそう遠くはないということだ。
やらされる練習では絶対ダメである。


あくまで子供自身がどうなりたいか。
そしてそれを達成する為に必要なことが
尋常ではないトレーニングなんだよ。


というような理解をさせることが必要だ。
なぜなら人間は未来を描いてそこにメリットがないと
行動するモチベーションが保てないからだ。



実際に激しいトレーニングをするとわかるが、
一度慣れてしまうとそこまで苦しいものではなくなる。
ハイレベルを維持することは精神的にも肉体的にも
相当きついが、高いものを求めるのであれば必然だ。




∞感謝∞
posted by 侍コーチ at 11:40| Comment(0) | 成功するためのノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リフティングボール!効果的に練習するにはおすすめです!(1)