リフティングボール!効果的に練習するにはおすすめです!(1)

2015年05月08日

コーチは答えを教える人ではない

コーチは答えを教える人ではない。
コーチが全て正しい訳ではない。


「コーチ今日の僕のプレーはどうでしたか?」
練習後に毎回質問してくる子がいる。
「自分のプレーどうだった?」

「わからない・・・。」

「自分のことだよ?」

「・・・。」


学校教育の影響なのだろうか?
先生やコーチは正しい答えを教えてくれる人だと思っているようだ。
自分のプレーについて正しい答えを教えてもらいたいのだ。


子供の気持ちになればわからなくはないが、
やはり自分で考える習慣をつけていきたいものである。
自分なりに工夫したり、考えたりすることがコート中でも
生きてくるからだ。



「今日はドリブルで抜けたから良かったです!」

「なんで抜けたの?」

「わかりません。」

「そのなんで?というのを考えていくのが自分の頭で考えるということだよ!」

「なんで抜けたの?」

「相手に近づく前によけれたから!」

「なんで近づく前によけれたの?」

「相手を良く見ていたから!」

「なんで相手を良く見れるといいのかな?」

「よけるタイミングがわかるから!」

「じゃあ相手を良くみてタイミング良くよけれればいつも相手を抜けるよね?」

「そっか!」


こんな感じで、子供達に、「なんで?」の質問を沢山していきます。
「なんで」を掘り下げていくと物事の本質につながります。


そしてなぜを問いかける習慣がつけば、自分の答えだけを探す思考から
自分軸で考える思考に変わります。
なぜの追求の先に自分の求める答えがあるのです。


是非、子供達に問いかけてあげて下さい。


∞感謝∞





posted by 侍コーチ at 01:53| Comment(0) | コーチは答えを教える人ではない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リフティングボール!効果的に練習するにはおすすめです!(1)