リフティングボール!効果的に練習するにはおすすめです!(1)

2015年05月10日

3歳の子がボールに親しむためには

3歳の子がボールに親しむためにはどうしたらいいのでしょうか?

こんな質問を頂きました。
正解はありませんが、以下のようにお答えしました。


お子さんの近くにボールを置いておいてください。
そしてできれば、お父さんお母さんが一緒にボールを
蹴る時間を増やしてください。


子供の近くにボールがあれば、興味本位でボールを蹴りだすでしょう。
本能的に反応するというのでしょうかね。
例えは適切ではないかもしれませんが、犬や猫が興味本位に
ボールに戯れる感じに近いです。


ですからサッカーをやる時だけ、ボールを使うのではなく、
常にボールが一緒にあるような環境設定をするということです。



さらに、お父さん、お母さんが子供と一緒にボールを蹴ることで、
子供の脳に両親との楽しいイメージが刷り込まれます。
この楽しい記憶がボールと一緒に刷り込まれるので、
ボールと一緒にいること = 楽しいこと 
になり、ボールと一緒にいる頻度が上がるでしょう。


3歳は可能性の宝庫です。
サッカーに固執する必要はありません。
サッカーに限らず、ありとあらゆる経験をさせて
脳に沢山の刺激を与えてあげましょう。


又、3歳は予知能力が高いので、大自然に触れされることも
重要なポイントになるでしょう。


posted by 侍コーチ at 23:38| Comment(0) | 3歳の子がボールに親しむためには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リフティングボール!効果的に練習するにはおすすめです!(1)