リフティングボール!効果的に練習するにはおすすめです!(1)

2015年05月17日

オリジナリティはどこから生まれるのか

オリジナリティはどこから生まれるのか?

昨日は中学生のクラブチームの指導者の方と話をしました。
最近の子供はスマートで上手な選手が多いが、オリジナリティに欠ける。
という内容の話しをしました。


現代は情報が拡散されているので、全体的なレベルが高くなっている反面
個性が生まれにくくなっているように感じます。
人によって感じ方や捉え方、解釈が違うので一概に良し悪しは決められません。


私の個人的な視点では、皆、コピー&ペーストしたような選手に見えます。
この意見には批判もあるでしょうが、本心です。
昔に存在した、一癖二癖あるが、その選手にしか出せない色や味を出せる
選手が少ないな。と感じるのです。

当然ながら、時代によってサッカーも進化していきますから、過去を美化
するつもりはありません。しかし、皆うまいしレベルも高い。
だけど・・・。何か伝わってこない。という印象です。


サッカーをする環境も整ってきました。今は小学生から人口芝でプレーする
ことが当たり前になりつつあります。シューズもボールもユニフォームも
全て整ってきました。


土のグランドで泥まみれになりながら膝を擦りむいても
我武者羅にボールを追いかける姿を見ることが少なくなりました。
破けているゴールネットにボールを蹴るとボールが遠くに行ってしまう
ので、慎重にシュートコースを狙うことも少なくなりました。

デコボコのグランドで足首をひねりながらもボールのさわり方や
体の使い方を意識することも少なくなりました。


悪条件で得たもの。それは工夫することや、創造すること。
ないものからいかにあるように創造していくか。
この頭の中で描くイメージや工夫、創造力が今の子供達には
足りないと感じます。


当然ながら今の子供達を創っているのは大人です。
子供達に責任を押し付けるのは卑怯ですね。


私なりの結論ですが、「大地に触れろ」です。
自然から学ぶことの凄さを理解している人は少ないと感じています。
サッカースキルを上げることは大事ですが、
その前に人間としての器や味が足りていないな。と・・・。


そして、全て0からやってみろ!と伝えたい。
試合会場まで自分で行く。準備、片付け全て自分でやる。
できれば、道具の持ち運びも自分達で全てやる。


不満や文句も沢山でるでしょう。積極的にやる子と
やらされる子に分かれるでしょう。
しかし、そこから子供達なりに工夫しながら、効率化を
図っていくのです。


時間管理や段取り、コミュニケーションを取っていくのです。
この無駄に思えることこそ沢山の学びがあり、大好きなサッカーに
集中する為に、極力サッカー以外のことを効率化しようとするのです。


最初は要領も悪く試合に道具がなかったり様々な問題が起こるでしょう。
しかし、この問題が大きなきっかけとなって1つ1つ学んでいくのです。



そしてコートでサッカーができることに感謝をすることになるでしょう。
指導者や親は、ほったらかしではいけませんが、極力、子供達の自発的な
行動を促したり、見守ることが、結果的に子供達の能力を伸ばすことになります。


世話を焼きすぎていませんか?
リフティングボール!効果的に練習するにはおすすめです!(1)