リフティングボール!効果的に練習するにはおすすめです!(1)

2015年10月29日

感性は必要なのか

感性は必要なのか。

何度言っても理解できない子がいる。
駄目だというつもりはない。

こちらが伝えたいポイントが伝わらないのである。
勿論、伝え方の工夫や、子ども目線に立っての
コーチングの改善は必要だ。

しかし、それ以前の問題であることもある。
思考が単調すぎるというのだろうか。


1つ深い部分を理解する感性がないのである。
これは長期的に考えると致命的である。

なぜなら、表面的な部分でしか物事を理解できないから。
そして、理解できないために改善ができないのである。

「まぁいっか!」
で思考がストップしてしまうのである。
そしてそれがその子の当たり前になってしまう。

こうなってしまうと、どうにも指導が進まないので、
小学1年生でもわかる言葉で伝えるようにしている。
これは決して馬鹿にしているわけではない。

それくらいの目線に合わせてあげないと理解できない
のである。そしてそこを起点に伝えていく。

感性というのは、創造力とリンクしている部分が
多いので、自分の意識や感じ方が重要になってくる。


できるだけ、若年層から様々な刺激を与えて
いろんなものの感じ方や人の気持ちがわかるような
意識付けをしていく必要性があると感じている。


子どもの感性は親が大きく関与している。
子どもは親の鏡だ。

感性を刺激すると練習も必要だと感じている。
posted by 侍コーチ at 02:40| Comment(0) | 感性は必要なのか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リフティングボール!効果的に練習するにはおすすめです!(1)