リフティングボール!効果的に練習するにはおすすめです!(1)

2015年11月30日

自分の器以上の選手は育てられない

自分の器以上の選手は育てられない

少年団の出張指導に行くことがある。
そこで毎回感じること。
指導者以上の選手が育つことはない。ということである。

少年団の指導者というのは、基本ボランティアなので
お父さんコーチや学校の先生などが多い。

そのお父さんコーチがラグビー出身者だったりすると
ラグビースタイルのサッカーになりやすかったり、
サッカー出身者のコーチだと自分の経験がそのまま
チームに現れたりする。


当然と言えば当然なのだが、適当な人が指導者になった場合
はこどもがあまりにかわいそうである。
なぜなら、その指導者のマインドがそのまま影響するからである。

サッカー未経験者がサッカーを教えられないのは仕方がない
と思うが、サッカーに関する勉強をする。
人としての態度に対しては厳しく指摘することなどは
できると思うのである。

子どもにはとにかくチャレンジをさせてあげてほしいと思う。
そしてそのチャレンジで失敗したことに対して否定はしない。


「どういう意識でそのプレーをトライしたのか」
「どんな工夫をしようとしたのか」
「その結果に対して次はどうしたらいいのか」


この繰り返しでしかないのである。
このプロセスをサポートするのが指導者の役割だろう。

子供達はあなたの鏡である。
あなたの成長がそのまま子供の成長につながるである。


posted by 侍コーチ at 10:29| Comment(0) | 自分の器以上の選手は育てられない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リフティングボール!効果的に練習するにはおすすめです!(1)