リフティングボール!効果的に練習するにはおすすめです!(1)

2016年01月19日

練習の目的はどこにある?

少年団の練習を見ていると、この練習の目的はなんなのだろう?
と考えてしまう練習があります。

ひたすら顔を下げて行うジグザグドリブル。
足もとのみでの足裏のボールコントロール。


「その練習が試合ではむしろ逆効果になっている練習があります。」

上記の練習はおそらくボールコントロールを養うという
意味で行っているのでしょうが、ただただ無駄にタッチして
いるように感じられるのです。

何が言いたいかというと、指導者の思考停止がその練習に
表れているのではないかと思うのです。

「なぜ?」「なぜ?」「なぜ?」

という問いが常にあればマンネリ化した練習というのは
なくなると思います。

その練習が良いとか悪いということを言いたいのではありません。

目的意識が必要な練習が常に行われる必要があると思うのです。
本当に単純に、顔が下がってしまうのであれば、

「最低1回は顔をあげてみよう!」
とか、
「なんで顔はあがった方がいいのかな?」

という問いかけもできると思います。


その現場で起きている現象を把握して、1つでいいから改善していく。
できれば、頭ごなしに子供を否定したり強制するのではなく、
子どもに気づかせるようなメニュー設定やコーチングが理想でしょう。


難しく特別なことをする必要はありません。
成功とはシンプルですから、複雑にせずにシンプルに
考えて実行していけばいいのです。

こちらが伝えたいメッセージの投げかけ方は、
子どもや状況によって常に工夫が必要でしょう。
一番のポイントは子供に伝わっているかどうか。
心に響いているかどうかでしょう。



posted by 侍コーチ at 01:46| Comment(0) | 練習の目的はどこにある? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リフティングボール!効果的に練習するにはおすすめです!(1)