リフティングボール!効果的に練習するにはおすすめです!(1)

2016年01月30日

叱るタイミングを考える

叱るタイミングを考える

叱るタイミングというのは、インパクトが強いだけに
タイミングが重要だ。

ある意味、大人と子供の真向勝負的な要素がある。
タイミングや伝え方を間違えてしまうと、
結果的にマイナスに働いてしまったり、
トラウマになってしまう可能性もある。


「叱る」ということは、相手の行動を修正することになる。
最終的にその子供が行動を変えられるか変えられないかは
本人の判断になるが、

思考回路や行動パターンを修正するきっかけは指導者に
責任があると言えるだろう。


叱る時に重要なのは、子どもがなぜ叱られているのか
ということを理解しているかどうかである。

理解した上で叱られている時は、本人も身に染みている
ので、こちらの言葉が響くのである。

悪いパターンの典型例は、指導者が感情的になり
一方的に怒鳴っているだけの時である。

こうなってしまうとお互いにメリットは薄くなる。
何故叱られていない子供と、感情的な大人。
これではどちらも成長しないのだ。


子供なりに、「これはまずいなぁ~」
と感じているときに叱ると効果てき面である。


そして間違えていることをしっかりと叱ってあげる
ことで子供の信頼関係もグッと縮まるのだ。
posted by 侍コーチ at 02:11| Comment(0) | 叱るタイミングを考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リフティングボール!効果的に練習するにはおすすめです!(1)