リフティングボール!効果的に練習するにはおすすめです!(1)

2016年02月04日

30cmの違いにこだわれるか

「30cmの違いにこだわれるか。」

子どもを教えていて思うことがある。
「教えられること」と「教えられないこと」
があるということ。


「センス」

これは教えることができない。
他人が教えられないこと。それが「個性」
と言っていいかもしれない。


教えられることというのは、再現性があるので
トレーニングすればある程度形になる。


「30cmの違い」が感じられる子。
この感性が欠けているように思うのである。
言葉にすると「クリエイティブさ」と言うのだろうか。


ちょっとした空間の感じ方や、ボールの置きどころ
などの感性を持っている子供は見ていて面白い。

感覚的にやっている子もいるが、子供なりに何かを
感じとっているからだ。

そして、少しの工夫をしていたり、気が付く能力が高い。
一言でまとめると、感性が鋭いのである。

感性のない子でも、意識付けし続けるように指導すると
ある程度できるようになる。

10から85まではトレーニングで補えるが、
85から95までは才能の領域ではないかと思う。
教えられない領域なのである。

「30cmの違い」

これは表面的にはわからないが、
レベルが上がればあがるほど、
この差が大きくなっていく。


だからこそ、日頃のトレーニングから
この30cmの違いを意識して
トレーニングする必要があるのだ。



posted by 侍コーチ at 01:54| Comment(0) | 30cmの違いにこだわれるか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リフティングボール!効果的に練習するにはおすすめです!(1)